油とり紙はお肌のバリヤ機能を壊す!

油とり紙で、お顔の皮脂を取ると、あぁ、スッキリ~。 と、言う方は多いかも・・・・

でも・・・・・・
使用する枚数が増えていませんか?
ベタつきが強くなっていませんか?
これは、油とり紙によって引き起こされる現象です。

皮脂は、お肌を外部の刺激から守るバリヤです。
油とり紙で取り過ぎてしまうと、お肌を守ろうとさらにたくさんの皮脂が出てしまいます。
皮脂というバリヤ機能を失い、汚れだけが残ったお肌に、化粧や日焼け止めを何度も重ねづけする…トラブルが起こってしまいます・・・・・



油とり紙より効果的なケア方法

 ・ティッシュで軽く抑える(擦らないこと!)
 ・ミネラルウォーターや浄水でコットンを濡らし、軽く抑える
          油とり紙よりも効果的です。

皮脂の分泌が活発で、<ベタベタ状態が強い><化粧崩れがひどい>ときは、皮脂分泌をコントロールできない=『体の調子』が乱れている証拠です。

◇冷飲食が好き
◇油っぽい食事、刺激物、甘いもの、飲酒が多い
◇野菜をあまり食べない
◇ストレスを感じる
◇体温調節がうまくできない
◇睡眠不足
◇性生活の乱れ
    

皮脂のコントロールは、お肌の表面だけでできることではありません。
夏のベタベタ肌は、あなたの生活環境や生活スタイルも大きく影響しているのです。
皮脂をコントロールするスキンケアと同時に、食事や生活の見直しもしていきましょう!


毎日のスキンケアに、「ローションパック」をプラスしましょう!
クーリング効果とお肌への水分補給で、お肌のバランスが整います。
[PR]

by marieecrin | 2007-08-20 12:41